TOPページ > FRCCの活動 > 山行スケジュール > 第169回:越前岳

FRCC フロント・ランナーズ・クライミング・クラブ

FRCCの活動

FRCCでは、登山を通じて女性がん体験者のQOL(Quality of Life)向上を目指しています。

山行記録

第169回 越前岳 標高: 1,504m
日時: 2015年6月14日(日) 天候: 曇りのち晴れ
参加者: 16名
 ・体験者 11名
 ・山行サポーター 8名
 ・医療サポーター 1名
 ・学生サポーター 2名
 ・入会希望体験山行 0名
報告者: 山中 登美子

十里木高原の駐車場で、2班に分かれて準備体操ののち、歩き始める。すぐに階段がつづき、右手に富士山の裾野を発見。木でできた展望台の辺りで、富士山が雲の上に頭を出してくれた。

長ーい階段
長ーい階段
もう少しで…
もう少しで…

階段が終わると、サンショウバラなど、木の花がたくさん見られるようになる。大きな岩の難所をいくつか越えると、大きな木の根が這う樹林がつづき、木漏れ陽が嬉しい。平坦地(これは固有名詞)で昼食の予定だったが、時間がかなり早いので、山頂まで行ってしまうことに。

頂上でお弁当
頂上でお弁当

山頂の賑わいも、2班が頂上に着いた頃には峠を越していて、ベンチに腰をおろしてお弁当を食べることができた。帰りは同じ道を下る。最後の階段がひどく長く感じられたが、予定より1時間早く駐車場に帰着した。

山頂にて
山頂にて

2015年6月の俳句

梅雨晴れ間リベンジ登山遅刻せり  句狂人
山頂の冷やしスイカの赤さかな  句狂人
夏富士や雲の上から顔を見せ  山登子
時惜しみ夏鶯の鳴き交わし  山登子
梅雨晴れの木洩れ陽嬉し山路ゆく  山登子

−皆さんの俳句、川柳の投稿をお待ちしています。ホームページ委員−